スタイリストに関する情報が満載!

Stylist Story

プロのスタイリストは購入した道具をアレンジする

道具を使わなければ成り立たない職業の一つにスタイリストが挙げられるのですが、この事実をさらに掘り下げてみると高い技術力に納得することができます。
結論から言ってしまえば、プロのスタイリストは購入した道具をそのまま使うこともあれば、アレンジを加えることもあるという事実です。
スタイリストにとって欠かせない道具は、購入したままの状態でも実務に耐えられるように設計されています。
しなか、より一層スタイリスト個人にとって使いやすい唯一無二の存在として生まれ変わらせると、しっかりと手に馴染んで高いパフォーマンスを発揮できるようになります。
仕事する場所によってアレンジ方法を変えてみたり、はたまたプロとして活動し始めたときから決まり切ったやり方を曲げない場合もあります。
スタイリングを施される機会があれば、プロが使用しているものの一つひとつを注意深く確認することによって、高品質な仕事ができる事実に納得できるようになります。

スタイリストが持ち歩く道具を大公開!

スタイリストの仕事はどんな道具が必要性なのでしょう? 欠かせない仕事アイテムとして持ち歩く道具入れ「スタイリストバッグ」がありますので、その中身をみてみると、仕事に必要な物だけではなく、モデルへの気配りアイテム等も入っていました。
まず、撮影中に必要なアイテムが、シルエットの調整を行う際に使用する「ピンチ」、安全ピン、小型ハサミやハサミ、モデルさんに配る飲み物にストローをさす時などに使うカッター、靴べら、簡易裁縫グッズ、フェイスガード、静電気防止でエレガード、ウェットティッシュ、メガネ拭き、貴金属磨きです。
次にオールマイティアイテムとして、コロコロ、靴磨き、付箋や輪ゴム、両面テープ、タグを付け直す時に必要なロックス。
撮影後に必要なアイテムがシミ取りレスキューやシミトリーナです。
本当にたくさんのアイテムをいかに使いやすく、コンパクトに自己流にアレンジして使っています。
また、撮影の内容によっては白手袋やスリッパ、タオル などもあれば、寒い季節に夏の撮影なら、ひざ掛けやストールなどや、天気の良い日であれば日傘やハンカチなどのように持ち物も変わってきます。
スタイリストの仕事は、気配りもとても大事な仕事であることがわかりますね。

Valuable information

最終更新日:2017/4/11

Copyright c 2015 Stylist Story. All Rights Reserved.