スタイリストに関する情報が満載!

Stylist Story

フリーランスで働くスタイリスト

スタイリストの多くはフリーランスです。
事務所に入って専属のスタイリストになることもありますが、クライアントからの報酬が全て自分のものになるメリットがあります。
初めはアシスタントを経験して、力が付いてからフリーに転身するケースもあります。
仕事は自分から売り込みをして依頼を待つしかありません。
よってアシスタント時代に業界に幅広い人脈を持っておくと、仕事をもらいやすいです。
ライバルはたくさんいるので、その中からクライアントが気に入るようなセンスを発揮しなければならないので、印象の良さだけでなく技術を持つ必要があります。
一度依頼を受けても、実力を発揮させなければ、再び仕事をしたいという気持ちにさせられないので、収入が0円になるリスクがあります。
一般的にフリーのスタイリストは平均で200万円~500万円の年収があります。
仕事が多くなると、アシスタントを雇いますが、企業や事務所ではないので給料を与えるかは自分で決定できます。

フリースタイリストの働き方とは

フリーのスタイリストは、基本的にお店を持たずに仕事をしていくことになります。
では実際の美容師の仕事をする場所をどうするかというと、既存の美容院のカットスペースを一部借りて行うことになります。
このやり方では、必要なだけのカットスペースを確保すればいいので、その分経費の負担が軽くなります。
自分で独立開業するだけの資金調達が難しい場合には、大変助かるシステムといえます。
また働けば働いた分だけ、その分を自分の収入にできます。
スケジュール管理も自分ですべて行う事になりますから、必要なだけ働いたり休みをとったりという調整が自分でできます。
フリーのスタイリストは自由度が高いというメリットがある分、責任もすべて自分が負う事になります。
顧客の獲得から個人事業者としての必要な手続きも、自分で手配する必要があります。
さらに収入面からみても、厳しい面もあります。
雇われていた時代と違い、安定した収入を得るのが難しい立場になります。
スタイリストとしてフリーでやっていく場合は、ある程度の知名度や顧客数を抱えていなければ、難しい部分があるのも事実です。

おすすめWEBサイト 5選

神戸の探偵
http://www.horiuchichosa.com/

2017/4/11 更新

Copyright c 2015 Stylist Story. All Rights Reserved.